FC2ブログ

思いつきの文学

海程神奈川アンソロジー『碧9号』原稿。校正版。
ここのところ考えていたことをまとめてみた。


思いつきの文学               小松敦

Remember that the air shares its spirits with all the life it supports.
The wind that gave our grandfather his first breath also receives his last sigh.
- Chief Seattle -

大気はそれが育むあらゆる生命とその霊を共有していることを忘れないでほしい。
我々の祖父たちの最初の息を与えた風はまた彼の最期の息を受け取る。
― シアトルの酋長 ―

(1)つながりあう世界

 右の言葉は、昨年没後二十年を迎えた写真家星野道夫の未完のエッセイ『森と氷河と鯨~ワタリガラスの伝説を求めて』の第一章「ワタリガラスの家系-クランの男」の扉にあるエピグラフで、もともとは『神話の力』(ジョーゼフ・キャンベル+ビル・モイヤーズ)からの参照・引用である。1852年ころ、合衆国政府が先住民族に彼らの土地を購入したいと持ち掛けた際のシアトル酋長の返事の一部だ。
 キャンベルが、星野道夫が、わざわざシアトル酋長の言葉を引いているのは先住民族がごく当たり前に感じていたこの感覚、大昔から知覚してきた「大気と人間の息は一体のもの」という感覚が、現代の私たちに薄れてきているという危機感からである。決して忘れてはならない感覚、その忘却は平和を危うくし破滅をもたらしかねないもの。神話で伝承してきた大切な記憶、これを喚起するためにである。
 シアトル酋長の話は、キャンベルとモイヤーズが神話とは何か、新しい物語、未来の神話とはどんなものかを語るところで登場する。キャンベルは、新しい神話がどんなものになるかは分からないがその神話が扱うであろうことは、あらゆる神話がこれまで扱ってきたものと全く同じだと断言する。〈個人の成長―依存から脱して、成人になり、成熟の域を通って出口に達する。そしてこの社会との関わり方、また、この社会の自然界や宇宙との関わり方。それをすべての神話は語ってきた〉のであり、新しい神話が語るのは〈この惑星の社会〉〈この惑星のための哲学〉だろうという。シアトル酋長の話はそのモラルを体現しているものとして引き合いに出されているわけだが、太古からの神話も未来の神話もその本質は変わらないのだ。つまり、キャンベルは、そして星野も、危機感を感じながらも、実は人間を信頼している。シアトル酋長の哲学と倫理を人間は決して忘れない。〈大地は人間のものではなく、人間が大地のもの。あらゆる物事は、われわれすべてを結びつけている血と同じように、つながり合っている(シアトル酋長)〉その感覚は薄れはしても失わないという確信が二人にはある。
 〈「追い詰められたカリブーが、もう逃げられないとわかった時、まるで死を受容するかのように諦めてしまうことがあるんだ。あいつらは自分の生命がひとつの繋ぎに過ぎないということを知っているような気がする」僕はそんなニックの話を面白く聞いていた。個の死が、淡々として、大げさではないということ。それは生命の軽さとは違うのだろう。きっと、それこそがより大地に根ざした存在の証なのかもしれない。〉『イニュニック〔生命〕』星野道夫・新潮文庫P174
 あらゆる物事がひとつながりであると感覚すること。山が海を育てると言って山の植林運動をする海の民や、輪廻転生を信ずるチベットの人々にとっては現在でも当たり前の世界認識だ。それは理性ではなく感覚的にありのままに世界を認識する方法による。
 しかし、普段の生活のなかで私たちは、ほとんど無意識に知覚している膨大な情報を無自覚に切り捨て、行動に有用な情報だけを見ている。安全に効率的に生きるための本能と生来記憶してきた社会と文化の制度に因って、実際には感じているはずのありのままの世界を、様々に修正し歪めてしまっている。あらゆる物事が豊かにつながりあった世界など全く知らずに生きそして死ぬ。本当にそうか。私たちは生きのびるためにだけ今を生きているのか。そうだとしたらなんと味気ない世界ではないか。
 そうではない、大丈夫、とキャンベルも星野も言うだろう。私たちはありのままの世界に日々触れているじゃないかと。何かを見たり聞いたりして感動したり、ふといいな、と思ったり、あらまあ、と驚いたりする瞬間にはありのままの世界に触れている。我を忘れて何かにのめり込んでいる時などは世界と私が一体となっている。あなたにもそのような瞬間は、心当たりがあるだろう。哲学ではこの瞬間についてのテーマをよく取り扱う。

(2)見えないものの諸力

 〈観えないものを観るのではない、もともと観えているものを、さらにはっきり観ようとするだけでいい。もともと経験されている実在の時間を、もっとはっきりと経験し直すだけでいい。ベルクソンの言う「直観」は、哲学の方法であるより前に、この努力である。また、哲学の方法は、徹頭徹尾この努力であるよりほかはない。〉『ベルクソン哲学の遺言』前田英樹・岩波現代全書P97
 〈哲学することは、在るものに触れる喜びを、いつもはっきりとわがものにする努力をつづけることである。〉同P100
 〈直観とはまず意識を意味するが、それは直接的意識であり、みられる対象と分かちがたいヴィジョンであり、接合であり合一でさえある認識である(ベルクソン)。〉『ベルクソン=時間と空間の哲学』中村昇・講談社選書メチエP44
 ところで、我を忘れて感激するような時は、たいてい言葉をも忘れている。「先ほどあなたが感激したその瞬間の経験に言葉で表現を与えてください」、と頼まれたらどうするだろうか。もちろんあなたは表現しようと努力するだろう。あなたの言葉を聴く人や読む人はあなたと同様に感激してくれるだろうか、あなたの言葉に。
 世界を見えずらくしている障碍のひとつが言葉である。言葉にしようとすればするほど、見えなくなる。言葉の束縛が知覚を邪魔する。それなのに、その言葉で見えていなかったものを見えるようにしようとするのだから、努力が必要なのだ。
 まず見えなくてはならない。そして、見えて直観した元来の感覚を他の人に呼び起こすに足る最も適切な表象を与えたい。古来人間は、ありのままの世界に触れる感激を積極的に分かち合うための技術を研いてきた。既にお気づきの通り、この営みを、アートと言う。ベルクソンを探求の出発点とした別の哲学者ドゥルーズによると、芸術とは見えないものの諸力を見えるようにすることだと言う。「諸力」とは直観された感動や驚きまたは感覚のインパクトのことだと理解しておけばよいだろう。
 〈芸術にとっては、音楽であれ絵画であれ、もろもろの形式を再現したり発明したりすることではなく、力を捉えることが問題なのだ。まさにこの点において、どんな芸術も具象的なものではない。クレーの名高い表現「見えるものを再現するのではなく、見えるようにすること」は他でもなくこのことを意味している。〉『フランシス・ベーコン 感覚の論理学』ジル・ドゥルーズ・宇野邦一訳・河出書房新社P79
 見えるものをただなぞって示すのではなく、そこにある感動の力を、見えるようにすることだとクレー=ドゥルーズは言うのである。例えばムンクはそれを実践している。画家の有元利夫曰く〈ムンクは、イメージや感覚に図象を与えた。人は初め、強いドラマ性にひかれる。が、それを本来的に強めるのは、色や型であることに気付く。そのうち、内にあるドラマや創造性は弱まり、色や型の強さが残る。〉『日経ポケット・ギャラリー・有元利夫』(35.神話) ムンクの絵はありきたりの物語や概念を以って説明されてしまうことに抗う力を備えている。元来の直観を呼び起こすに足る表象としての強度を備えている。

  鶏頭の十四五本もありぬべし  正岡子規

 子規の「写生」も見えるものをただなぞって示すだけのものではなかった。意味解釈の後に表象としての強さが残る。
 ピアニストのケリー・ヨストは同じことを "Not perform but reveal" と述べている(『地球交響曲第六番』龍村仁監督)。演奏するのではなく既に在って見えていない大切なものを明らかにすること。自ずと然ること。

(3)態度論=ふたりごころ

 "Not perform but reveal" この本質はしかし、既に三百年以上も前から日本では言い尽くされているものだ。
 〈物の見えたる光、いまだ心に消えざる中にいひとむべし〉、〈松の事は松に習へ、竹の事は竹に習へと、師の詞のありしも私意をはなれよといふ事也。此習へといふ所をおのがまゝにとりて終に習はざる也。習へと云ふは、物に入りてその微の顕れて情感ずるや、句となる所也。たとへ物あらはに云ひ出でても、そのものより自然に出づる情にあらざれば、物と我二つになりて其の情誠にいたらず。私意のなす作意也。(松尾芭蕉)〉『三冊子』
 あなたをとりまくあらゆるもの、いま、ここで、そこで、刻々と変化し続けている一瞬の姿を、しかし、ほとんどそれと気づかずにいる物の光を驚きと共に観ること=直観すること。物は自然だけとは限らない。ありとあらゆるものが相手だ。人のしぐさ、誰かの言葉、政治や経済、戦争も。日常の些細な出来事、テレビで流れるニュース、りんごの手触りと匂い、町の喧騒の中に、太陽に、あなたの影に、ありとあらゆる物事に見えたる光。物と一体化して自然に顕れる感覚を言い留めたい。

 〈まず俳句を創るとき、感覚が先行する〉『俳句』金子兜太・角川S32年2-3月号

 シアトル酋長と同様の世界認識を以ってありのままの世界と一体化し、見えないものの諸力を見えるようにと実践・指導している日本の芸術家がある。俳人、金子兜太である。兜太が句集『両神』の後記に記した自らの境地「天人合一」を知るべし。安西篤による解説が分かりやすい。〈これはすでに一茶に学んだ「自然(じねん)なる姿」やアニミズムにも通ずるものだが、兜太にすればそのさらなる徹底した世界をみていた。そこでは、人間と自然を平等の立場に置き、物本来のもっている魂とともに、人間の魂をも存分に発揮させる世界、人間と自然の合成する世界がある。それはアニミズムの世界に似ているようだが、アニミズムよりももっとスピリチュアルな、より根源にあるものであり、そこに「ふたりごころ」の初な形をみている。〉『金子兜太』安西篤・海程新社P502
 「ふたりごころ」とは、対象を(相手を)思いやり、それと交わり向かうこころ、物の光を見るときの態度だ。左記は文学の森「月刊俳句界」2011/9月号・金子兜太×対馬康子インタビューより。

金子: 『俳諧史』という本の最後でほめてくれたんです。栗山先生は、造型俳句論は芭蕉の表現論を現代の俳人が一歩深めてくれた。「物の美」に「情の誠」が触れるという芭蕉の表現論の基本を更に具体化しているとね。
対馬: 「習へといふは、物に入りて、その微の顕れて情感ずるや、句の成る所なり」。「たとへば、物あらはにいひ出でても、その物より自然に出づる情にあらざれば、物と我二つになりて、その情誠に至らず」という考えですね。
金子: おっしゃるとおり。三冊子ですね。「情」という字を書いて「じょう」と読むばかりじゃなくて「こころ」とも読みたい。それも「ふたりごころ」と。この「ふたりごころ」というのは、相手に向かって開いていくこころだと思っています。

 兜太は「ふたりごころ」の態度で世界をあるがままに直観する。直観して得た感覚に対して「創る自分」が表象を与える。その表象は読者に対して映像的なイメージを喚起する十七音の言葉として結晶し、新たな直観を呼び起こす(兜太「造型俳句論」骨子)。このとき「ふたりごころ」は、対象に対する思いやりであると同時に、来るべき読者に対する信頼でもある。「ふたりごころ」で詠んだ句は「ふたりごころ」で読まれたい。一句は読者にとって新たな「物」として存在し「物に入りて、その微の顕れて情感ずる」対象となる。読者の「ふたりごころ」を信頼しないでは詠めない。

  梅咲いて庭中に青鮫が来ている  金子兜太

 〈俳句は元来直観を反映する表象以外に、思想の表現ということをせぬのである。―中略―これらの表象は詩人が頭で作り上げた修辞的表現ではなくて、直接に元の直観の方向を指すものである、否、実際は直観そのものである。〉『禅と日本文化』鈴木大拙・北川桃雄訳・岩波新書P170 

  少年来る無心に充分に刺すために  阿部完市

 梅咲いての句も少年来るの句も知的解釈は無用である。読むとき、今度は自分を信頼する。
 〈君は書いてないことを読みすぎる。―中略―書かれている映像をそのまま素直に受け取らなければいかん。その映像から何も受け取れなければこの句は捨てるしかない。〉『熊猫荘俳話』金子兜太・飯塚書店P131
 頭で考えるのではなく、言葉に身を委ねる。「天人合一」の世界にリラックスして、書かれた言葉たちがあなたの中の記憶を揺り起こすに任せることだ。そのとき、あなたの風が吹いている。あなたに最初の息を与えた風でありあなたの最期の息を受け取るだろう風が。あなたの梅は今年はどんな具合に咲いているだろうか。庭中に来ているあなたの青鮫はどのような姿で泳いでいるのだろう。大気を深呼吸してみよう。ほら、あなたをめがけて、向こうから少年が来る、どんな顔つきで来るのか。無心に、充分に、刺すために、どんな姿で来るのか。俳句を読んで気持ちが動くとき、自分の肉体に潜む無自覚な世界の記憶が蘇生されつながり合い動き出す、そのざわめきに驚く。

(4)方法論=思いつくこと

 さて、たとえばとっておきの一句ができたとしよう。あなたは「ふたりごころ」で物の見えたる光を捉え、読者の直観し得るだろう映像的な十七音の表象を書き留めた。しかし、残念ながら、あなたの俳句は時に既視感があると言われ、類想類句、只事、マンネリと評される。言われてみればその通り、似たような感動を似たような映像で詠んでしまうことがある。同じような国土の上で同じような時代の中に、しかも同じような言葉を使って生きる人間が感動したり感激したりする局面の似通ってしまうのは無理からぬことかもしれない。だからこそ、未だかつて誰も出会ったことのない俳句を創りたい。
 そこでアーティストとしては、いろいろ工夫してみたくなり、自身の凡庸さを克服する手段やコツを日々探求することになる。頭で考えても新しい感動や映像はやっぱり見えてこないと悟れば、他人と違う物の光を探しうろつき回る。あるいは、物の見えたる光など見ないでよし、俳句なぞ所詮は言葉の組み合わせだと高を括って机の上で悩んだり、中にはランダムアートに走ってみたり。
 画家のジャクソン・ポロックはキャンバスの上から筆や棒で絵の具を飛散させて画面中を線で埋め尽くす。一見偶然に任せたカオスのようだが、絵の具はうねり、跳ね、網目のようになってキャンバスから溢れそうだ。饒舌、過剰、鼓動、あるいは躁鬱すら感じる。その手法は百パーセント偶然に頼るわけではなく、作家の今この瞬間の感覚が彼の肉体を通じて逐一飛び散り、露呈され、充溢して作品となっている。俳句においても同様に、どんな方法で作ろうとも、作家の今の感覚がその肉体を通過して露呈せざるを得ない。
 〈詩は存在感の純粋衝動である〉、〈存在感の純粋衝動は、もっともうぶな感官―その意味でもっとも人間的な心的機能―の働きを必要とする。言うなれば、肉体そのままの、うぶな衝動こそ、もっとも鋭い反応である、ということである。それが土台にあって、詩の核が純潔に得られ、その上に理知の構築が可能となる。詩は肉体である〉『今日の俳句』金子兜太・光文社P264
 兜太が「肉体」と言う時は、知性よりも感覚を動かせと言うのである。理性的な思考ではなく肉体に備わった五感の記憶を動員しろと。抽象的な思考制度の罠に嵌まってマンネリズムやありふれたドラマ、独りよがりや予定調和に陥らないための秘訣は、持続=日常の中の具体的で生々しい肉体経験を「土台」にして作品を創ることだ。ポロックの場合は、体で覚えて体を動かすが、俳句の場合は体で覚えて言葉を使う。ポロックが道具を操るように、俳人には言葉を操る技が要る。肉体が経験した五感の記憶を「口ごもりつつ、思いつくこと」。言葉として上手に思い起こすこと。
 〈存在感の純粋衝動〉は、同じ本の別のところでそれはつまり「思いつき」だと説明されている。〈一定した持続=日常性〉のなかにふと泉のように湧いた「思いつき」。ただしそれは出まかせでは困る。〈その泉の噴出は、持続のなかで思考と感覚が累積してゆき、ある爆発点にきて、感情を刺激したときに行われる。刺激による感情の純粋反応が、いままでたまってきたものに、急に新しい組合せを与えたり、隠れていたものをダイナマイトのように露見させる〉そして、〈口ごもりつつ、ほんものの思いつきが誕生する。〉同P257
 ここで登場する「持続」がベルクソンの重要概念である「持続」とある種の一致を見る点に驚愕するのだが詳説する時間はもうない。ベルクソンにおいての「持続」とは自ずと体験する無意識も含めた「記憶」である。そして「直観」は〈増殖する持続に密着しそこに予見不能な新しさの不断の連続を知覚する。(ベルクソン)〉同前・前田P112 このベルクソン自身による「直観」の定義を、兜太が実践を以って解説している。曰く〈あなたがたは頭で考えるよりもとにかく自分の暮らしの中からどんどん絞り出すようにつくりなさい、それが実は一番新しい俳句なのですよ〉『熊猫荘俳話』兜太P201

  おおかみに螢が一つ付いていた  金子兜太

 見えないものを見えるようにすることが、俳句に限らず古来アートの本質であった。「ふたりごころ」で詠んだ句は「ふたりごころ」で読まれたい。かくして、対象を思いやり、それと交わり向かう「ふたりごころ」の態度は、対象についての記憶を具体的によく思い出すことで示される。それは、積極的に「思いつくこと」でもあった。そうやって創られた「一番新しい俳句」に出会う喜びは、あらゆる物事が豊かにつながりあう世界を直観することに等しい。 了


姉妹編:金子兜太試論 ~ Reality of the world ~
関連記事
TAG :
金子兜太
俳句本質論
造型俳句論
星野道夫
直観
前田英樹
ベルクソン
ドゥルーズ
物の見えたる光
小松敦

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

プロフィール

akomix

Author:akomix
“What's your road, man?-holyboy road, madman road, rainbow road, guppy road, any road. It's an anywhere road for anybody anyhow. Where body how?”
On the Road, Jack Kerouac

最新記事
キーワード

佐藤二千六 前野隆司 山中葛子 エスター・シェイ 田浪富布 横山隆 久保知恵 和菓子屋榮太樓総本舗 上白石萌 造型美 御嬢 俳句本質論 平和元年 小梨の湯 ベルダのしごと 河西志帆 碧9号 斉藤斎藤 龍宮 Dubforce 蕎麦 藤江瑞 Tet ドウダンツツジ 俳句と歩く 喜楽 C.B.Jim 蜂飼耳 NRA 原発訴訟 戦後俳句の探求 松坂桃李 幼虫 水俣フォーラム 朝顔 にごり酒 Weatherall 現代存在論講義 桃の花 柳本々々 薬師池  ヒューム 井上ひさし 高畑勲 雪原のあしあと ハンバート イヌイット 日野原重明 やさしい気持ち STARWARS いいね 塩野谷仁 peacesymbols 思いやり 高見石 俳句論 天地始粛 月野ぽぽな 坂本直行記念館 ベルクソン 般若心経 おりがらみ 高木一惠 定住漂泊 オルガン 廻り目平キャンプ場 屏風岩 伊藤幸 槍ヶ岳 waters koopman 槍沢 魔法のことば ラミウム・ガレオブドロン 佐藤文香 梅若玄祥  アベ政治を許さない ショパン 全景 オマール・スレイマン  竪阿彌放心 GUARDIAN 青木秀樹 ルプレザンタシオン 「魂」の唯物論的な擁護 森下草城子 相対性理論 メアリー・シールズ 著莪 赤岳 もうひとつの時間 ジュリア・ショウ 片渕須直 柄谷行人 Consolamentum SUMIRE ブナの森 森のイスキア Jedi タ・プローム ワダツミの木 シアトル酋長 二条市場 ヒロシマ アラビックスケール 峰尾 ハイデガー 白骨温泉 studio バイケイソウ 熊猫荘俳話 スタジオボイス 今井麻緒子 椿の海の記 畠山重篤 フリーハブ ラカン 石老山 浅沼璞 フランシス・ベーコン論=感覚の論理学 倉田剛 琉球新報 前衛俳句 髙柳克弘 海程神奈川 狐に礼 のん 俳句道場 泣きなが原 GORGE レイのライトセーバー 震災と文学 福島第一 マブソン青眼 リジッドアクスル 相模灘 野村武司 大岡昇平 青葉市子 ヒッピーに捧ぐ Dominick 小川山 Filippenko 藤原道元 電飾 バルト キバナホウチャク teac 鷹羽狩行 清水喜美子 神生彩史 花田英三 今、兜太は イラク 玉こんにゃく 李雲迪 グレアム・ハーマン JA22w 特定秘密保護法案 中沢新一 青いライトセーバー 佐藤成之 ふらんす堂 翌朝回路 柳生正名 宮川淳 海隆賞 利尻昆布 塚本 杉山久子 重力の虹 厳格なカノン ピンク・フロイド 末岡睦 御射鹿池 藤木清子 ダマシオ 電気グルーヴ MANGER ミント グルメ 蒟蒻 ミツバツツジ デリカテッセン 坂本直行 八ヶ岳 竹の花 佐藤良明 多局性 吉永小百合 小林豆腐工房 櫛木千尋 EpisodeⅧ 大明神展望台 Zimerman 向井秀徳 木下ようこ 手前味噌 作者の死 ハンバートハンバート K6A 河村光庸 山口周 ぼくらの民主主義なんだぜ 細見綾子 日本と原発 新宮晋 早川敦子 河合弘之 元ちとせ オントロジー 星野智幸 たから荘 ディープラーニング スピカ 龍村仁 なぜ世界は存在しないのか 宮崎斗士 そんな青 終戦  俳諧自由 手作り マンサク miminews 唐沢鉱泉 赤いスズラン 中村苑子 開花 ジュウニヒトエ Toccata 霎時施 星野直子 worm 二人の時間篇 邑書林 くわの実 国境なき医師団 AM/PM 湯川豊 空の思想 おおかみに螢が一つ付いていた 401号 笹屋 秘蔵酒 横岳 上野千鶴子 小池弘子 中村桂子 獺祭 shibuya ハーマン 北村美都子 増富ラジウム温泉 鴨緑江大水力發電工事 二宮和也 自民原子力規制PT 物の見えたる光 石和温泉 フリースタイルダンジョン 敗戦 野間賞 制作へ トマス 澤地久枝 イマジン 江川隆男 montée 茂里美絵 杉の子 白花万作 屋敷豪太 セロ弾きのゴーシュ ミレジム ジューンベリー マームとジプシー 平和のうた 攻殻機動隊 やくしまるえつこ 秩父俳句道場 坂口昌弘 千葉雅也 石牟礼道子 ハムレット BLANKEY voice ピンチョン ロケットの花 レリス 日本秘湯の会 No.30 藤井道人 virtuoso 両界曼荼羅 すずらん 矢野玲奈 文寿荘 ブレードランナー アメリア・グレイ 天人合一 藤原ヒロシ あま酒 岩地海水浴場 Chen 戦争経済 Kelly 明隅礼子 落合陽一 新撰21 瑞牆山 小林寿美子 焚き火 でかい蛍かな 龍樹 赤岳鉱泉 GhostintheShell 鈴木泉 武田伸一 長崎忌 北大山岳部 てんぷら Leiris 一青 樽谷寛子 船越みよ 水と風と生きものと SAKURA kaito 小田急電鉄TVCM 生成 鉄男 フェンネル 新訳 原一男 狩野康子 失語体験 松田青子 照井翠 キャプテンアメリカ 羅臼昆布 情動の哲学 ハイジの村 早稲田大学 生芋 全地球カタログ 尊徳記念館 ガヴリリュク akomix フリージア 2049 父と暮せば 新井敏記 Futur[e]cho 満天星 ソシュール 無言館 佐藤紫華子 リアリズム ヴィルトゥオーソ 現代俳句協会 小野裕三 studio桜の木 田我流 ライムスター 内野聖陽 岡野里香 一青妙 小田原 宇川啓子 伊東豊雄 上田信治 篠崎央子 ユキノシタ 他流試合 前田典子 ヴォロドス ほぐし鮭 辞の詩学と詞の詩学 Beethoven swallowtail 忌野清志郎 思弁的実在論 原爆詩 阿部完一 花筏 アニミズム RIVER フィリペンコ Yundi 顕鏡寺 ビル・フラー ラップ ベニバナ 戦争責任 鳥山由貴子 腰まで泥まみれ Stewart 路地 三井絹枝 熊野大学 物に入てその微の顕れて情 DUBFORCE NuclearDisarmament 新垣隆 山口優夢 ENDLESS 福田若之 chillout 廻り目平 VOICE 小沢麻結 八木三日女 ミンサー 中上健次 海程新人賞 支考 muchlocal デモ 社会性俳句 ほたるぶくろ 日高昆布 俳諧史 ダブポエット 鑑別診断 オオミズアオ Brand ダンティカ 野火 奥秩父 滝不動 存在論的自然主義 鈴木宏昭 浜銀河 黒木華 ホタルブクロ クレマティス 生きもの感覚 トキワマンサク 十二単 四方対象 吉田調書 椎名誠 Ohholynight 山本達久 転換の時代の俳句力 gaiasymphony ただならぬぽ 方法論的自然主義 森は海の恋人 社会性 都忘れ 飯山観音 星野太 Scotch 新美街 夢幻能 川添愛 南麻布 Sill 新反動主義 佐々木千絵 私はどうも死ぬ気がしない 三島賞 写真展 遊牧 岸本尚毅 反戦 湾岸 世界に一つの日々と ハイチ Judee メギ 平和の俳句 Millesimes Night/良夜 ファンダメンタルズ 花山椒 EpisodeⅦ 目木 生駒大祐 流星痕 味噌 藤原道夫 堂平 差異 加納百合子 祈るべき天と思えど天の病む 神楽坂 ブルーベリー 苦海浄土 ヤマナメクジ 一青窈 OneOfTheseDays 茨木のり子 みやま山荘 純あま 安西篤 Adagio 脱近代宣言 内野修 硫黄岳 マズ・カナタ 自家製ソーセージ 宮﨑莉々香 ミサゴの森 三頭山 gray ダライラマ DJ 沖田商店 みずがき山 ていざなす 檜原村 新海誠 堀之内長一 amelia Piano 青虫 麻布十番 海原 マルスワイン 別冊太陽 スター・ウォーズ STUDIO 反骨の俳人一茶 天狗岳 蓮實重彥 テロ 六花亭 石牟礼道子全句集 ジムニー ロケット moriartmuseum 柴田元幸 台南 外山一機 ユンディ・リ 現代俳句を探る 飯田龍太 つぐみ おなじ話 ルッコラ 実在論的デフレ主義 フラワーズ・カンフー 秋の道 難解 海程多摩 帯広 生命誌 WEC 池田澄子 阿部青鞋 Seeger 富澤商店  特別講演会 Earth サーカスナイト 地球交響曲第三番 楓蔦黄 奥多摩 角川 グローブ座 ホールアースカタログ 上妻世海 大友良英 人はみな妄想する 本田ひとみ 雲上の湯 渡邊守章 クリッククラック DYLAN 金関寿夫 島の唄 虎の夜食 関悦史 坂口光央 ユザーン imagine 飯塚書店 遊行社 石田秋桜 瓶囲い 三木冬子 雪の下 神農街 青山茂根 森と氷河と鯨 桃咲 久保田酒造 蔓踊子草 トランプ 北アルプス 宇多丸 デイヴィッド・イーグルマン 新フレーゲ主義 DUBMASTERX 火傷し ドゥ・マゴ ノイズ 高橋源一郎 今日マチ子 ノワーズ トラック島 蛭ヶ岳 富士見平 思いつきの文学 田中裕明賞 宮沢賢治 AI 牛田修嗣 Convenza 後藤正文 君の名は 青山俳句工場 田中昌子 オックスフォード Pete クオリア アンドルー・ワイル 秩父屋台囃子 中島まゆみ ゴルジェ アンディ・クラーク ラミウム 野茨だらけ シリア・ハンター くろださくらこ 松本由佳子 ロビンソンクルーソー 永遠(TOWA) ベニバナトキワマンサク ヨスト 八丁尾根 佐藤初女 蓮實重彦 永田タヱ子 喜多青子 篠原鳳作 ジムニー工房 teamlab チキチキバンバン 新興俳句アンソロジー ton 白駒池 moelleuse 三世川浩司 Whole 手作りハム 水俣病公式確認60年記念 小林研一郎 甘長 榮猿丸 現代俳句 cocoon 金峰山 pinkfloyd THE roger 自分の木 哲学とは何か 堀之内 赤坂憲雄 Likearollingstone 旅をする木 gavrylyuk KAWANAMI チッソ 戦後俳句 六花の森 廣瀬純 松本卓也 イニュニック 現代俳句評論賞  polshakov 本沢温泉 メイスン&ディクスン 竹の開花 穀雨 N.O 増井朗人 伊藤淳子 十河宣洋 田中亜美 ロラン・バルト アジュガ ドゥルーズと政治 佃悦夫 浅野忠信 永井江美子 岡崎万寿 神話の力 安保法案 風の行方を追って ジムニスト 木村和彦 紅葉 satiriques 甘酒 塚本晋也 デジタルネイチャー 飛騨沢 自生地 松岡和子 山田耕司 浅田次郎 ピンカー 直観 柿坂神酒之祐 フクシマ 蛇の湯 WWW BOB Antoine 七賢 ルバタクラン ドゥーグル 星野道夫 イーグルトン 森美術館 筑紫磐井 だいこんの花 虚実 加速主義 地の低きところを這う虫に逢えるなり 俳句評論 木村亮 藤本一勇 母と暮せば 百人組手 桂凜火 茶倉 虚仮威し イワナンテン ガイアシンフォニー 宇宙と芸術展 トマス・ピンチョン全小説 森は考える 遊色 ハナイカダ 地球交響曲 俳句・連句REMIX 植物男子ベランダー ビヤシケン ブックカバー ベトナム 人生はからくりに満ちている ASHKENAZY こうの史代 神野紗希 平畑静塔 香箱蟹 小川軽舟 hiroshiwatanabe 寺山修司 平和 美登利園 自在 湯川れい子 なかにし礼 この世界の片隅に 表象 車軸懸架 井上食品 私雨 菊芋 ガジュマル 中塚紀代子 大橋完太郎 シム・ウンギョン 天龍村 Li ノモトヒロシ 安平古堡 五丈岩 ボブ・サム 西多摩郡 アシタバ 待ち合わせ volodos 千のプラトー 立教大学コミュニティ福祉 HRアワード 生成変化 オクラ 養浩亭 馬場有 中村安伸 BWV525 肝沢幅一 臨床と人文知 ナガサキ ひび  かけ方 震災俳句 榎本祐子 ブーゲンビリア Sonata 相模原 植物男子 人と動物 ALIEN 世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか フランス 中原昌也 坂田明 みっちん シャガ chara シッファー 君に目があり見開かれ オーレン小屋 マタイ6:34 七尾旅人 杉崎恒夫 千年豆腐 メイヤスー ひとたばの手紙から Crayon 高田馬場 阪西敦子 植原亮 黍野恵 ラダーフレーム イージーライダー 小津夜景 エゾシカ肉 青苔荘 サザエさん ミニマルテクノ 公式確認60年 坂本龍一 ヴィルヌーヴ オン座六句 若松丈太郎 堀切実  スピノザ テロリストへの手紙 レモンバーム サグラダファミリア MUTEBEAT ヨメノナミダ 中澤きみ子 celtic 瀬戸内寂聴 中澤宗幸 RCサクセション 不老閣 奥野克己 海程会賞 Andrew 宇多喜代子 池澤夏樹 水俣病 有限性の後で ブラッスリー・グー Rose 明日葉 トッカータ Floyd 樟脳 新聞記者 森央ミモザ 栗山理一 荒凡夫 積極的な差異 woman  モルワーズ ふたりごころ 男波弘志 海程賞 きばなほうちゃく 差異とは 蛇木杉 Barenboim Pink 伊丹万作 小川楓子 エビネ 三好つや子 蛍袋 2016 アフガン 安平樹屋 天王寺尾根 川名大  こしのゆみこ 新潮社 ディル 心の花美術館 Yost ハナミズキ 木村結 フォース 兜太ナイト 信原幸弘 和牛コンビーフ 五十嵐義知 見市泰男 田島健一 芹沢愛子 われもまた人げんのいちにんなりしや ゼンマイ dubwise 六花書林 末盛千枝子 瀬古多永 センス・オブ・ワンダー Force 阿部完市 九堂夜想 松の舞 新酒 望月衣塑子 山田洋次 東京新聞 両神山 旭酒造 和合亮一 高橋康也 早稲田大学フィルハーモニー管絃楽団 Op.109 オノマトペ 海渡雄一 粕取焼酎 Blowin’InTheWind スコットランド産山鳩 白石司子 前衛 宮川としを Catalog Four 相模湖 わたしが一番きれいだったとき 七十二候 正義について ウィリー・ジャクソン 鴇田智哉 隅の會 アスペルガー症候群 汀の火 清水かおり 鹿野祐嗣 久野雅樹 ケアード Moonlit 有元利夫 jimny 小泉義之 宇野邦一 丹沢山 蛇の湯温泉 黒い僧 近藤亜沙美 丹生千賀 青木健 えびね 村上鞆彦 エドゥアルド・コーン イスラム国 山本精一 小林一茶 クロヤナギ 朝鮮 Angel マルチモダール 宮本佳世乃 

最新コメント
検索フォーム
カテゴリ
pinterest
リンク
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2019年08月 | 09月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


RSSリンクの表示
QRコード
QR
このページのトップへ